介護療養と病院の連携

介護療養施設は、ほとんどが病院と併設されていることから家族の安心感も異なると言われています。介護施設では医療行為を断り、病院では軽度の治療範囲と判断され入院は難しいとしても、介護療養施設では受け入れを行っているケースが多くあります。病院との連携が密になっていることから、症状の悪化が見られると病床へ移動し治療できる環境がメリットです。

看護師が常駐する介護施設でも、医師の指示を受けなくてはできない医療行為が数多くあります。したがって介護施設で看護をする範囲は、極めて限定的だと考えられています。医療機関と提携していても、介護施設では十分な治療が行えないこともあるでしょう。そのようなデメリットがないのも介護療養のメリットです。

費用面でもメリットがあり、一般的な病院での入院は日額3000円程度になりますが、介護療養は介護保険の適用を受けることから要介護1の方なら日額767円が目安です。病院への入院が30日間必要だと9万円なのに対し、介護療養は23010円と大きな開きが出ます。介護療養の利用が必要な高齢者の場合、さら院長期的な介護と看護が求められるため、この費用の違いはさらに開きが出るでしょう。

家族の安心感や負担を考えても、介護療養は必要な施設だと言って構いません。

参照サイト⇒http://www.obara.or.jp/

医療行為ありの介護療養

介護療養の特徴は、介護だけでなく医療行為も併せて受けられることです。特別養護老人ホームなど介護サービスを提供する施設の中には、医療や看護が必要な方の入所をお断りしているところが比較的多いです。看護師が常駐していてもバイタルチェックや簡単な処置、医療機関への引き渡しが行われる程度で、医師が常駐して治療行為を行わないことが理由に挙げられます。

一方、病院では治療を目的としており、介護は病院で担うものではないと言う認識があります。さらに今後は長期入院の慢性期病棟を縮小する国の方針があることで、利用は難しくなるでしょう。医療と介護の住み分けが進む中で、行き場を失っている高齢者が多いのも現実です。そこで、介護療養のように医療行為の受けられる介護施設が重要視されます。

寝たきりの方には、床ずれ予防措置や床ずれが起きた場合の治療、呼吸器疾患を持つ方には、痰の吸引などが必要ですが、いずれも医療行為と捉えられています。介護スタッフが実施することは認められないことから、専任の看護師が一定数必要でしょう。医療行為には設備も必要となることから、介護療養のように病院に併設された施設が有効です。

医療スタッフと介護スタッフ、そして介護にも医療にも必要な設備が整っていることから、疾患のある高齢者が過ごすにはメリットが大きいと言えるでしょう。

介護療養の利点とは

高齢者の中には、介護だけでなく医療専門スタッフによる看護が必要な方もいます。介護施設は介護を専門としており、病院では治療を中心としているので、介護と治療の双方を必要とする方の受け入れには消極的な面があると言われています。そのような時に利用できるのが、介護療養施設でしょう。どのようなメリットがあるのかを確認しておくと便利です。

このサイトには、介護療養のメリットに関する情報を掲載しています。利用環境や料金について、理解の助けとなる情報となれば幸いです。高齢者は認知症などによって介護施設を利用する方が多いですが、介護の他に必要なニーズも高まっています。多様な環境の高齢者に、介護施設だけでは対応しきれないのが現状でしょう。

病院でも高齢者の入院が長期化することによって満床状態が続き、必要な入院を受け入れられないことから、慢性期病棟の縮小も検討されています。いずれかを利用したくても利用できない高齢者の受け皿が、介護療養施設だと考えられています。介護認定を受けることを前提としていることから、病院とも介護施設とも異なる利用環境ですが、利便性の高さが注目されるでしょう。

在宅看護・在宅介護では、対応しきれない専門的な医療行為が受けられる点も、介護療養施設のメリットに挙げられます。どのような利用環境が求められ、費用の負担目安がわかれば、便利な活用方法も見つかるのではないでしょうか。介護施設や病院に断られてしまったと言う方にも、便利な情報となるでしょう。