医療行為ありの介護療養

介護療養の特徴は、介護だけでなく医療行為も併せて受けられることです。特別養護老人ホームなど介護サービスを提供する施設の中には、医療や看護が必要な方の入所をお断りしているところが比較的多いです。看護師が常駐していてもバイタルチェックや簡単な処置、医療機関への引き渡しが行われる程度で、医師が常駐して治療行為を行わないことが理由に挙げられます。

一方、病院では治療を目的としており、介護は病院で担うものではないと言う認識があります。さらに今後は長期入院の慢性期病棟を縮小する国の方針があることで、利用は難しくなるでしょう。医療と介護の住み分けが進む中で、行き場を失っている高齢者が多いのも現実です。そこで、介護療養のように医療行為の受けられる介護施設が重要視されます。

寝たきりの方には、床ずれ予防措置や床ずれが起きた場合の治療、呼吸器疾患を持つ方には、痰の吸引などが必要ですが、いずれも医療行為と捉えられています。介護スタッフが実施することは認められないことから、専任の看護師が一定数必要でしょう。医療行為には設備も必要となることから、介護療養のように病院に併設された施設が有効です。

医療スタッフと介護スタッフ、そして介護にも医療にも必要な設備が整っていることから、疾患のある高齢者が過ごすにはメリットが大きいと言えるでしょう。